いいしんうちわ支援(震災被災地に応援うちわを贈りました)

平成23年3月11日に発生した東日本大震災の被災地に思いを届けようと、地元の小学生が、「いいしんオリジナルうちわ」の裏に、習字や絵の具を使って被災地の子供たちに勇気と希望を与えるために心を込めたメッセージをしたため被災地の小学校に送りました。
大震災が発生して5年3ヶ月程過ぎ、瓦礫の撤去は終わり海沿いの昔の商店街や住宅地は、いまだに広い更地がめだちます。被災地の生活環境は復興したとは言えない状況です。月日がたちだんだんと震災復興のニュースも少なくなってきています。私たちは、大震災の出来事を忘れ去られてはいけない。けっして忘れない気持ちを持って継続してうちわ支援を行っていきたいと思っています。
子供たちが、心を込めて書いたうちわで、被災地の方々に少しでも明るいニュースをお届けできればと思っています。
6回目になる今年は、飯塚小学校、片島小学校、鯰田小学校、菰田小学校、庄内小学校、頴田小中一貫校、高田小学校、桂川小学校、蓮台寺小学校の子供たちが協力してくれました。合計約900枚の応援うちわが集まりました。ありがとうございます。
このうちわは、宮城県気仙沼信金様より地域の子供たちや、施設の方々に贈られる予定です。
なお、今年4月14日に発生した熊本地震の被災地につきましても、この応援うちわ約300枚が、熊本信用金庫様、熊本第一信用金庫様、熊本中央信用金庫様をつうじ被災地の方々に届けられます。1日でも早い復興をお祈り申し上げます。

桂川小学校 1467078733353
DSC_1458 うちわ飯塚小6-1
6-4 DSCN0222
6-1 DSCN0221